パラオの魅力


4時間半で着く楽園

日本から直行便で4時間半

南北約640kmの間に宝石のように島々が散りばめられた美しい楽園、パラオは南国特有の大自然を全身で堪能できる奇跡の島です。

体感できる美しい世界遺産~ロックアイランド

2012年世界複合遺産に登録された445の島々からなるロックアイランド群と南ラグーン。

 

その南北に広がる10万ヘクタールの海には、白色の泥の沈殿する「ミルキーウェイ」、穏やかな島々の間には多くの海洋生物、ダイバーたちの憧れの「ブルーコーナー」。

 

無毒のクラゲが無数に生息する「ジェリーフィッシュレイク」など多くの海の顔を五感を使って楽しむことができる極上の海が広がります。


歴史を感じる文化に触れる~ペリリュー島

パラオの歴史はさまざまな国の統治下にあり、中でも大きな影響を及ぼしたのは日本。

 

食文化、言語、習慣にいたるまで受け継がれている親日国パラオでは多くの懐かしさをおぼえる文化に触れることができます。

 

また、太平洋戦争の激戦地となった「ペリリュー島」では、当時のままの戦跡を見ることができ、2012年4月には天皇皇后両陛下のご来訪にてご慰霊されました。


深い緑の大地と文化~バベルダオブ島

ミクロネシアではグアムに次いで2番目に大きな島「バベルダオブ島」

マングローブに覆われたこの島には豊かな緑が広がり、ミクロネシア最大級の滝、パラオ固有の鳥や植物などが生息します。


深呼吸したくなる景色

白い砂浜・青い海・美しい夕日

パラオには深呼吸したくなる景色がいっぱいあります。そして謎に満ちた点在する柱状の石碑群「ストーンモノリス」これらはパラオだからこそ出会える景色。


ホテル滞在

パラオパシフィックリゾートをはじめとする5つ星のホテルから、リーズナブルなホテルまで多数あり、どれもパラオ国際空港から近くアクセスは抜群です。

ホテルによってはとてもきれいなプライベートビーチがありアクティビティーが楽しめます。


充実のアクティビティ

たくさんの島々からなるパラオの移動手段はボート。特別な体験が目白押しです。

五感を使って大自然を味わうカヤックツアーは大人気。シュノーケリング、クラゲの湖や泥パックなど、様々なアクティビティーをたくさんご用意しています。

素晴らしさは海だけでなく、バベルダオブ島にはパラオ最大のガラスマオの滝があり壮大な自然は圧巻で絵になる美しさです。

島内には川が流れ南国特有の植物が生い茂っており、バギーで探検ができたり、ジップラインやマングローブツアーと目いっぱい楽しんでいただけます。



パラオ基本情報

パラオ情報

人口 約20,000人
通貨

米ドル

時差

なし

公用語

パラオ語と英語

気候

年間平均気温28℃前後

電圧 110V / 60HZでプラグの形状は日本と同じ
面積

約488平方kmで屋久島よりやや狭い

◆世界唯一のサメ保護区法があり、魚・珊瑚の種類は世界有数。

◆日系大統領歴任者がいるほどの親日国で2,000余りの日本語がパラオ語として使用されている。

◆2012年ロックアイランド群がユネスコ世界複合遺産に登録される。

◆2015年4月天皇皇后両陛下がペリリュー島へ慰霊の為ご訪問

交通手段

シャトルバス

夕方16時~22時の間、各主要ホテル、レストラン、お土産店を定期的に巡回している。1週間乗り放題チケット($8/1名9)がバス運転手、旅行会社で購入できる。

タクシー

流しのタクシーは少なく、予めホテル、レストランなどで呼び出せるのが便利です。料金メーターがなく乗車前に運賃を確認する必要があります。

相場:町中の移動$3前後、町中からマラカル島は$3~$5、町中からホテルパラオパシフィックリゾートまで約$3~$10。

◆レンタカー

日本の免許証で1か月間運転可能です。各ホテル、旅行会社で予約可能です。

◆車両チャーター

7名乗りワゴン車から44名乗り大型バスまご用意可能です。


航空会社

◆成田空港から直行便で4時間半。その他、各都市よりグアム経由便と仁川経由便でアクセス可能です。

不定期で直行便が就航している場合もあります。

 

◆ご利用可能航空会社

デルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空、アシアナ航空、日本航空、全日空 フライト情報はこちら

各種許可証

世界遺産ロックアイランド群を訪れるオプショナルツアーやダイビングなど海にお出かけの際、また釣りのツアーに参加される場合は、コロール発行の許可証携帯が義務付けられています。

 

ロックアイランド許可証 $50 10日間有効、5歳以下不要
ジェリーフィッシュ許可証 $100 10日間有効 5際以下不要
フィッシング許可証 $20 1ヶ月有効 12際以下不要

その他、各州の観光名所には入場料や撮影料などかかる場合があります。